ヨーロッパ列車の旅

スポンサーリンク



海外旅行はトラブルがいっぱい

私が22歳頃の話です。かれこれ20年前になります。
大学の卒業旅行でヨーロッパ4か国(イギリス・スペイン・イタリア・フランス)周遊コースというのに参加しました。女性の一人旅愛好家が11人くらい集ったツアーだったのですが成田に集まった時から変でした。

待機しているはずの案内係が見当たらず、デスクに電話したら「いるはずだから合流してチケット貰って」と言われ待ちましたが現れず、結局次の合流地イギリスでツアコンに渡してもらうことになり、搭乗時間ギリギリに滑り込みました。

小さなケチは既についていたのかもしれません。ちなみにツアー会社はDST(ダイアモンドスチューデントツアー)です。

トラブル1 スペイン(マドリード)ホテルのロビー

家族に定期的な電話を要求されていたので、ロビーで国際電話をしようとコインを投入したら急に不通になりました。この時10枚くらい投入していたので何度も電話を叩きましたが戻って来ず、周りもジロジロ見てくるのでフロントに話して返金を求めました。

でも証拠がないからできないと言われ、それなら修理を呼ぶから詰まっているなら出して貰えと言う事になり、仕方なく修理のおじさんを待ちフロントに言われた通りにしました。

フロントは言葉はキツかったけど対応は早かったです。その後も「この電話は使用不可です」の張り紙をすぐに貼っていました。

トラブル2 イタリア(ローマ)宿泊ホテルにて 

移動に時間がかかったのでホテルに着いたのが夕方4時頃でした。部屋に案内されて一通りの説明を受けている時の事。暗くなったらこの明かりを・・とスイッチ押したら電気がつきませんでした。もしや水とか大丈夫か?とひねると出ませんでした。

結局、偶然ツアーのうち1組が同じホテルに宿泊していたので修理できるまで同室で我慢してくれと言われました。狭い部屋に4人が押しこめられた形で、スーツケースから荷物も出せず困りました。

寝る時間には間に合ったのでほっとしたけど、この件に関してホテルから謝罪はなかったです。間に合ったからいいじゃん!みたいなノリで済まされてしまいかなりむかつきました。
スポンサーリンク



トラブル3 イタリア(ローマ) パラティーノの丘付近

”真実の口”へ行ってみたくてパラティーノの丘周辺を友人と二人で歩いていた時の事。
道の脇から突然青年が現れて「セイコ~セイコ~」と呼ぶのです。セイコというのが日本名だったので二人とも「誰?」と振り向くとその人が手招きして道を教えてと聞いてきました。

英語で話しかけられたので友人は親切にガイドブック見せて答えていましたが、私はふと周りに人気がなくなっているのが気になって、何となく友人の話を無理やり中断させて「ごめん分からんのでバイバイ」と立ち去りました。

次の角を曲がる際ちらっと振り向くと、そこには道の脇から2~3人の別の青年が現れてこちらを指さして話していました。後でツアコンに聞きましたが、引き留め役に注意がそれている間に財布などをするスリだそうです。気が付かなかったら危なかったところでした。

トラブル4 フランス(パリ)イタリアからフランスへの急行列車の中

簡単に言うとチケットが無効でした。説明しても乗務員には納得してもらえず、大慌てでツアーデスクに電話しましたがその日が日本時間で日曜日だったのでつながらなかったので当然これは無賃乗車扱いされて列車の料金を払わされるハメに。

フランスについてから現地のツアコンに説明してツアー会社に請求してもらいました。

トラブル5 フランス(パリ)ベルサイユ宮殿ツアー時

これもチケット無効事件です。ベルサイユまで行っていざ入館となった時、ツアコンから渡されたチケットは一日前の無効チケットでした。当然ここでも入館できず11人は沸騰寸前でした。

このトラブル4、5に関しては東京に帰ってからDSTに抗議に行きました。
トラブルの説明とそれに掛かった費用の払い戻しについてです。
後日、DSTよりツアーの返金がありました。

まあ、大小トラブルはありましたが、そんな時に限って「仕方ないから行ってみようか」と出かけた先が面白かったりしたもんです。

イタリアの時は荷物開けられないから近くで見どころない?ってホテルに聞いたらあんまり人がいかない寺院があるよと教えてもらい、行ってみると「骸骨寺」でした。

4000体もの骨でシャンデリアまで作っているんですよ。今埋めたところですっていう生々しい骨もあって茫然としました。ここ、妊娠中絶を辞めさせるためのお寺なんです。一生懸命訴え掛けているんだそうです。知りませんでした。

でも、そんなことでもない限り自力では見に行かなかったであろうと思うといい経験にも思えます。だからトラブルがあるときは、何か別のイベントが起こるのかもと思うようになりました。
海外旅行トラブル対処法 関連記事

ホテル滞在を快適にするアイテム
スポンサーリンク